この記事では、ゆうちょATMでのPay-easy(ペイジー)払込み方法についてご案内いたします。

「Pay-easy」とは?
jpbank-atm-pay-easy
このマークが目印です。
ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いをATMやインターネットバンキングで行うことができるサービスです。
「Pay-easyマーク」が付いている納付書・請求書の支払いや、支払い方法として「ペイジー」が選択できるサイトでの料金の支払いなどで利用できます。
(日本マルチペイメントネットワーク推進協議会HPから一部引用)

取扱について
ゆうちょ銀行のATMは全台対応していますが、取り扱い方法や取扱時間、金額によって利用できる状況が異なります。
ATMでの支払い方法については2パターンの方法があります。
①「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」を用いる。
②指定された「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATM画面で入力する。

ATMでの支払い手段については3パターンの方法があります。
③現金(※10万円以下の場合のみ利用可能)
④通常貯金からの振替(キャッシュサービス利用可能な総合口座通帳を用いる※)
⑤通常貯金からの振替(ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用いる※)
※10万円以上の払込みの場合は、本人確認済み口座に限る。
本人確認済み口座とは?⇒総合口座通帳の表紙の裏の「確認」という項目に○または◎の印がある口座。

簡単に以下にまとめてみます。

A.ゆうちょ銀行店舗・郵便局内に設置しているATM
【支払い方法】
①「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」を用いる:可能
②指定された「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATM画面で入力する:可能
【支払い手段】
③現金での払込み(※10万円以下の場合のみ利用可能):可能
④通常貯金からの払込み(キャッシュサービス利用可能な総合口座通帳を用いる):可能
⑤通常貯金からの払込み(ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用いる):可能

ゆうちょ銀行や郵便局に設置している払込用紙・硬貨取扱機能付きのATMの場合、すべての支払い方法や手段を利用することが可能です。
但し、注意点はあります。
注意!:支払い手段が③現金の場合はATMが営業していても、最長で平日7時から21時、土曜休日は9時から17時までの利用しかできません!
(④・⑤の支払い手段の場合はATMが営業している限り利用可能。但し貯金の預入は現金払込みと同じ時間しかできないので、貯金がなければ上記時間帯以外はやはり利用できない…。⇒2018/04/02以降、紙幣での預入に限り、ATMが営業している限り預入が可能になりました。この為、口座利用でのペイジー払込みについては全時間帯で利用可能になりました。)

B.商業施設・駅・学校等に設置されたゆうちょ銀行ATM(このブログ内での表記:既存型出張所
90591_008
01694_1228c
上記画像のようなタイプのゆうちょATMが設置されている出張所
【支払い方法】
①「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」を用いる:不可
②指定された「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATM画面で入力する:可能
【支払い手段】
③現金での払込み(※10万円以下の場合のみ利用可能)不可
④通常貯金からの払込み(キャッシュサービス利用可能な総合口座通帳を用いる):可能
⑤通常貯金からの払込み(ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用いる):可能

このタイプの駅や公共施設、商業施設などに設置されている払込用紙・硬貨取扱機能なしのATMの場合、①の払込用紙や③の現金の利用はできません。
「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」が手元にある場合は、記載されている「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATMで入力することが必要になります。
また、ゆうちょ銀行のキャッシュカードもしくはキャッシュサービスの利用可能な総合口座通帳がない場合は、このタイプのATMでは払込みの利用ができません。
ゆうちょ銀行のキャッシュカードもしくはキャッシュサービスの利用可能な総合口座通帳がある場合でも、A.の注意点と同じように預入がされていない場合、時間制限(平日:7時から21時、土曜休日:9時から17時【最長の場合】)があります。⇒2018/04/02以降、紙幣での預入に限り、ATMが営業している限り預入が可能になりました。この為、口座利用かつ「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATMで入力するペイジー払込みについては全時間帯で利用可能になりました。

C.ファミリーマート店内など設置のゆうちょ銀行ATM(このブログ内での表記:カード型出張所
01701_2144a#
03709_121b
上記画像のようなタイプのファミリーマート店内に設置されたゆうちょATM
下記画像のように一部の空港やあおぞら銀行支店、一部のデイリーヤマザキ店内などに設置されたカード型ATMも利用方法は同じ。
10596_132b
【支払い方法】
①「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」を用いる:不可
②指定された「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATM画面で入力する:可能
【支払い手段】
③現金での払込み(※10万円以下の場合のみ利用可能)不可
④通常貯金からの払込み(キャッシュサービス利用可能な総合口座通帳を用いる):不可
⑤通常貯金からの払込み(ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用いる):可能

このタイプの払込用紙・硬貨・通帳取扱機能なしのATMの場合、①の払込用紙や③の現金、④の通帳の利用はできません。
「Pay-easyマーク」が付いている「払込取扱票」が手元にある場合は、記載されている「収納機関番号+お客様番号+確認番号」をATMで入力することが必要になります。
また、ゆうちょ銀行のキャッシュカードがない場合は、このタイプのATMでは払込みの利用ができません。
但し、ゆうちょ銀行のキャッシュカードがある場合は、ほとんどのATMが0:05-23:55まで預入もペイジー払込みも可能なため、ほぼ24時間手続きが可能です。(※毎月第3月曜日は7:00-23:55の営業)

◆補足◆一部のATMは営業時間が異なるほか、年始、GW、ペイジー側のシステムメンテナンスなどで一部取り扱いが変わる場合はあります。

ご覧いただきありがとうございました。


【更新履歴】
2017/05/25 公開
2018/01/06 更新(ATM検索方法の変更に伴い内容の一部削除)
2018/04/02 更新(預入取扱時間変更に伴う内容の修正)
2018/10/21 更新(画像等差替え)
2019/07/22 更新(記載内容調整・読者ボタン設定)
2020/05/02 更新(記載内容調整)